10,000円以上のお買い上げで送料無料

”梅雨とウール”のつづき

羊毛布団のススメこんにちはWoollyスタッフのニシです。

”梅雨とウール”のつづきとして、弊社商品のお話では無いのですが、梅雨の時期には羊毛布団も活躍する。というお話。布団には綿やポリエステルなどの素材もありますが、それらと比べても羊毛は圧倒的に吸湿性・放湿性に優れており、周りの湿度に合わせて自ら吸湿発散作用を繰り返していつもさらっとした快適さを保ちます。羊毛布団が健康に良いと一般的に言われているのはこの抜群の吸湿性と放湿性によって、寝ている間に人が出す汗をよく吸い、外に放出するので、ジメジメせず快適に使用できるからなんです。また羊毛はリウマチに効くとも言われていますが、それはリウマチが悪化する原因の1つである「湿気」を吸収してくれるからだそうです。本当にどんだけすごい素材なんでしょう。高機能と言ってハードルが上がりがちですが、使用した瞬間にはっきり劇的に分かるものでは無く、長く身につけたり使用していく事によって、分かって来るものだと思います。目立たないけど、確かに機能を発揮していて、素材を変えたりすると、そのものの良さに気が付く。みたいな感じでしょうか。

魅力に溢れた素材ですが、お手入れは洗濯が可能でも陰干しをするだったり、天然素材の為、防虫対策をするだったり、基本的にはドライクリーニングに出すなど多少の手間とコストがかかってしまうと言う事はあるかもしれません。それでも、皆様の毎日が少しでも快適に過ごせるのであれば、私たちはウールを通して本当に良い商品を作り出し、生活を豊かに、そしてより楽しく暮らすことのお手伝いが出来たらなと思っております。