走るためのウールソックス

ウールの靴下 健康時間 健康時間をいかに増やすか

奈良県の提携工場にて少しづつ ”走るためのウール靴下” が編み上がり始めています。写真は編み機で、編み下ろしたばかりの状態。ここから”ロッソ”というつま先を縫い合わせる工程、糸処理を通して完成となります。

写真は足裏の部分。足が地面につく部分はパイル構造、土踏まずのアーチサポートは全く別の編み組織になっていることがわかると思います。

注意)複雑な編み組織の靴下は内側に、添付のような浮いた糸がどうしても出てきて今します。着用の際、ほぼ感じることはありませんので、ハサミで切り落としたりせず、そのまま使用してください。

Woolly ウールのソックス 腹巻 ハラマキ専門店