10,000円以上のお買い上げで送料無料

新商品開発のお話し -毛布編-〈3〉

糸カラー依頼散らかった私のデスクを公開したところで、次に毛布の柄と色、決めます!もうこれは、自分達の好みがでました。チェック柄、無地、ボーダー柄、ゼブラ柄、千鳥格子柄、水玉、などなど。それぞれを組み合わせたりしても無限に作れる柄。沢山の案が出てくる中で、我々はWoollyらしいお洒落な王道のウールの毛布”が最大の目標。インテリアに馴染んでWoollyらしいもの。実は柄、案外直ぐに決まりました。限りなく無地見えするけど、Woollyが手がける毛布。これしか無いって思える柄です。さささっと使用色も決まり、いざ!工場さんへ依頼します。ちなみに、色の指示をする時は、無地の生地で依頼するのが通常なので、生地の端切れは捨てられずに溜まって行く傾向に。理想の色を選び糸染めの依頼をしました。